鍵の救急車に依頼して防犯を強化する【防犯のカギはここにあり】

Home

自動車でも安心

鍵開けではなく作成してもらうのがおすすめです

バイクの鍵を紛失してしまうと、当然のことながらバイクを動かすことができません。それでは困ってしまいますので、業者を呼んでバイクの荷台を開けてもらう人がたくさんいます。不注意で荷台に鍵を入れたままインロックしてしまう人が実際にたくさんいるため、そうするケースが多くなっています。でも、荷台に鍵を入れたというのが勘違いで、実際には全く別の場所で鍵を紛失してしまっているというケースが意外によくあります。その場合、荷台を開けてもらうための費用が無駄になってしまいますので、最初から紛失を前提にして、新しい鍵を作ってもらうようにする方が賢明です。もしもバイクの荷台に鍵を入れてあったとしても、新しく作った分をスペアキーにすることができますので、本当に紛失してしまった際に慌てる必要がなくなります。

業者を利用した際にかかる費用について

業者を呼んだ際にかかる費用は、出張料と技術料、部品代の合計額になります。万が一、来てもらったのに何もせずに帰ってもらうようになったとしても、出張料は必ずかかります。どこへ来てもらうかによってかかる出張料が変わってくる可能性がありますが、最低でも5000円はかかると考えておくのが無難です。一般的に、単なるバイクの荷台の鍵開けの場合で約7500〜9000円程度、新しい鍵を作成してもらう場合で8000〜20000円程度の費用がかかるようになっています。鍵作成の場合の料金幅が広くなっているのは、バイクの種類によって料金が変わってくるためです。排気量が大きいバイクほど鍵の作成料金が高くなりますし、外国製のバイクの場合も値段が高くなります。